リュックだけじゃない!肩こりを引き起こす「カバン」

リュックをすると、両肩に均等に重さがかかるので、
肩こりに良さそうな気がしますが、
実は、リュックをすると、肩こりになるのです。

 

カバンを片方の肩にばかりかけていると、
カバンの重みでバランスが崩れて、
カラダに歪みが起こるかも、
と考えてリュックを使っている方もいるでしょう。

 

でも、両方の肩にかけれるリュックを使っても、
両方の肩に左右均等に重さがいっているとは、
限らないのです。

 

リュックをかけても、左右の肩にかかる重さには、
必ず差が出てきます。

 

そして、カラダが無意識のうちに、
リュックをかけやすいように、片方に歪んでいくのです。

 

そして、片方がけのカバンを使うときよりも、
リュックを使う方が肩こりが起こりやすいのです。

 

カラダの歪みが全くなく、
カラダが左右対称の人がリュックを背負うのなら、
肩こりは起きません。

 

でも、全ての人と言ってもいいくらい、
人は、カラダに歪みがあります。

 

そのカラダに歪みがある状態で、
リュックで両肩に均等に重さをかけようとしても、
両肩に均等に重さがいくことはなく、
余計に歪みはひどくなってしまいますよね。

 

その結果、肩こりが起こったり、肩こりが悪化していくのです。

 

なので、リュックは肩こりを生じてしまうので、
やめたほうがいいです。

 

リュックを使うと、カラダが均等になるどころか、
カラダの歪みがひどくなってしまう、
という意外な話しにびっくりされる方も多いと思いますが、
本当の話しなので、リュックはやめて、
片方掛けのカバンを使うのをおすすめします。

 

肩こりがある人は、右肩に肩こりがある場合は、
左肩にカバンの紐がくるようにしてカバンをかけ、
左肩に肩こりがある場合は、
右肩にカバンの紐がくるようにしてカバンをかけると、
肩こりが悪化するのを防げます。

 

 

 

私は前まで肩こりでした。でも、ひどい肩こりが解消して今では肩が軽い♪