温めすぎても悪化するって本当?

肩こりは、血液の流れが滞ったり、
カラダが冷えたりして起こることが多いので、
お風呂でカラダを温めて、
肩こりを改善しようとしている方は、
多いと思います。

 

でも、お風呂で肩を温めすぎると、
逆に肩こりが悪化してしまうって、
知ってましたか?

 

肩こりを改善するために、
とにかくカラダを温めないといけない、という理由で、
お風呂に浸かるのは正解なのですが、
「お湯が熱すぎる」と、
肩こりが悪化してしまうのです。

 

熱いお湯に浸かると、
交感神経が優位になってしまいます。

 

交感神経は、緊張したり、ストレスがたまったときに、
優位になる神経なので、
肩こりにはよくありません。

 

交感神経が優位になり、緊張した状態なると、
肩こりを緩和させる血管を広げる作用を妨げてしまい、
肩こりを悪化させてしまうからです。

 

なので、お湯の温度は、40度くらいにするのが、
肩こりを改善するのに、最適な温度になります。

 

そして、リラックスしながら、15分くらい、
お風呂に浸かって、適切に肩を温めてくださいね。

 

カラダの芯から温めることが大切なので、
サッとお湯に浸かるだけだと、カラダの芯は温まりません。

 

ゆっくりと40度くらいのお湯に浸かって、
カラダの芯から温めて、
肩の冷えを改善しましょう。

 

夜に、お風呂に毎日ゆっくりと浸かる習慣をつければ、
肩こりも解消されやすいです。

 

また、肩こりにいいだけでなく、
精神的にリラックスができ、
良質な睡眠を取ることもできます。

 

平日には忙しくてムリな場合は、
休日にリラックスしてお風呂に浸かるだけでも、
肩こりに効果はあります。

 

熱いお湯に浸かって、肩を温めすぎるのは、
肩こりの悪化につながるし、
交感神経を優位にして、精神的にも緊張した状態になるので、
くれぐれもお湯の温度には気をつけてくださいね。

 

 

私は前まで肩こりでした。でも、ひどい肩こりが解消して今では肩が軽い♪